TruebitプロトコルとLiquidity Provision

Pocket

値動き

“Stairway to heaven”とTwitterを賑わせた$TRUですが、$1.4で上髭を付けた後に急落。その後、急速なリバ…。すごい値動きですね。

海外の方のつぶやきを紹介(Mr. korpi)。$TRUは過去24時間のVolume:Liquidity ratioが55あり、それは16% daily returnに相当するとの見解。

Truebitプロトコルとは

Ethereum Protocolにおけるコード実行のスケーラビリティ問題を解決するために、スマートコントラクトのオフチェーンでの計算をサポートする仕組み。

全体感は、こちらの記事がとてもよくまとまってます。クラウドの先にあるプラットフォームとしてのブロックチェーンの全体像

VitalikのTruebitローンチに寄せたコメントはこちら。ヌッコはまだまだ界隈を勉強中なので、Vitalikが$TRU激押し!みたいな言説の妥当性はわからない。当コメントについては、下記の点をあくまで技術的に述べているという所管です。
・Truebitは、WebAssemblyのコードをacceptできる(つまり、実行できる)。go, Java, Rustなどは、WASMへのcompilation pathをもっている(つまり、これらの言語で記述したプログラムがTruebit上で実行できる)。
・Blockchainはstatefulなので、optimistic rollup chainにinvalid blocksが含まれる場合には、このようにinteractive verification processを組んだらいいのではないか、という仕組みの記述。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です